ABOUT 甲賀病院について

病棟紹介

High Care Unit(ハイケアユニット)

当院はここ数年、地域の急性期医療へのさらなる貢献のため、医師数の増加・診療科数の増加を図ってきました。また救急診療の強化も行っており、2018年4月より二次救急医療機関に指定され、救急車搬送数や救急外来受診者数も増加傾向にあります。この結果手術数及び重症患者数が増加してきており、これまで術後の患者さまや、重症の患者さまは、一般急性期病棟の個室で対応しておりましたが、より安全に、より高度な医療・看護を提供するため、HCUを開設することにいたしました。HCUとはHigh Care Unit(ハイケアユニット)の略であり、重症の患者さまの救命・治療に努める病棟のことを言います。A3病棟にHCU 5床を開設いたしました。

MORECLOSE

具体的には、心筋梗塞や心不全などの循環器疾患、肺炎・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・呼吸不全などの呼吸器疾患、血液透析を必要とするような腎臓疾患、消化管出血などの消化器疾患をはじめとして、敗血症、ARDS(急性呼吸窮迫症候群)、DIC(播種性血管内凝固症候群)、ショック、重篤な代謝障害(肝不全・重症糖尿病など)、心肺停止蘇生後などの重症病態に対して、各科の垣根を越えて、患者さまの救命とその後の社会復帰に全力をあげて取り組みます。また装備面では、呼吸心拍モニターや人工呼吸器、血液浄化装置、補助循環装置、除細動器なども充実しており、より安全・安心な医療が提供できます。HCUは一般病棟(10対1)に比べ、手厚い看護体制(4対1)になっており、医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、理学・作業・言語療法士、事務員がチームとなり、患者さまの回復にむけ、日々カンファレンスを行い、多方面から全人的に患者さまを支える体制を整えております。

私たちは、地域の方々により健康な生活を送っていただけるように、コミュニティーホスピタル甲賀病院に受診して良かったと言っていただけるように、あらゆる努力を行っていきます。笑顔でHCUを退室されるその日まで、病気とたたかう患者さまのそばに常に寄り添い、ともにたたかい、かなしみ・喜びを分かち合うことのできる医療をめざします。

一般急性期病棟

A3病棟

消化器外科・呼吸器外科・乳腺外科等の周術期の看護と循環器疾患の患者さんの心臓カテーテル検査治療における看護を行っています。急性期病棟の特性を踏まえ、日々状況が変化していく患者さんを看護する毎日にやりがいを感じる職場です!! 

MORECLOSE
対応する診療科 外科・内科混合病棟
病床数 45床
日勤体制 看護職6~7名 、看護補助者3~4名
夜勤体制 看護職2名
看護基準 10 : 1
看護体制 PNS/チームナーシング/一部機能別

A4病棟

整形外科の手術患者さんの看護を中心に行っています。手術前からのリハビリと術後早期からのリハビリを、回復期リハビリテーション病棟との連携を密にして行っています。褥瘡対策に力を入れており、患者さんが心地良く過ごせるケアを心がけています。

MORECLOSE
対応する診療科 整形外科・内科混合病棟
病床数 45床
日勤体制 看護職6~7名 、看護補助者3~4名
夜勤体制 看護職2名
看護基準 10 : 1
看護体制 PNS/チームナーシング/一部機能別

B2病棟

肺炎・糖尿病・脳梗塞などの内科疾患の患者さんと透析患者さんを受け入れています。外来透析への移行により、透析入院は減少していますが、敗血症性ショックに対して病棟でエンドトキシン吸着(PMX)を行っています。透析室や血管外科の医師と連携し、糖尿病重症化予防のフットケアに力を入れています。

MORECLOSE
対応する診療科 内科混合病棟
病床数 51床
日勤体制 看護職6~7名 、看護補助者3~4名
夜勤体制 看護職2名
看護基準 10 : 1
看護体制 チームナーシング/一部機能別

B3病棟

令和元年5月より、回復期リハビリ病棟より急性期病棟に転換しました。主に、内科疾患と脳神経外科疾患の患者さんにとって安全快適な病棟づくりをし、事故防止に努めています。

MORECLOSE
対応する診療科 内科、脳外科混合病棟
病床数 54床
日勤体制 看護職6~7名 、看護補助者3~4名
夜勤体制 看護職2名
看護基準 10 : 1
看護体制 チームナーシング/一部機能別

D3病棟

内科疾患・眼科(白内障手術)周術期の看護や難治性の褥瘡患者の入院に対応しています。他の急性期病棟に比べ 病床数も少ないので、落ちついた雰囲気の中で患者さんのケアに力を入れています。

MORECLOSE
対応する診療科 内科、眼科混合病棟
病床数 28床
日勤体制 看護職5~6名 、看護補助者3~4名
夜勤体制 看護職2名
看護基準 10 : 1
看護体制 チームナーシング/一部機能別

回復期リハビリテーション病棟

B4病棟

高次脳機能障害の方を中心に、回復期リハビリテーション看護を行っています。『1、リハビリが充実した明るく楽しい病棟づくり』『2、認知症が増悪しない環境づくり』を病棟目標に、スタッフが一丸となって看護ケアに取り組んでいます!!

MORECLOSE
対応する診療科 回復期リハビリ病棟3
病床数 54床
日勤体制 看護職4~5名 、看護補助者3~4名
夜勤体制 看護職1名 、看護補助者2名
看護基準 15 : 1
看護体制 チームナーシング

F3病棟

回復期リハビリ病棟1の加算病棟で、脳血管障害で自立度が高い判定の患者さんや看護必要度が1点以上の方を優先的に受け入れています。『回復期リハビリ病棟ケア10項目』宣言に則り、在宅復帰に向けたADL(主に排泄)の自立に排泄チェックシート等を利用して積極的に取り組んでいます。

MORECLOSE
対応する診療科 回復期リハビリ病棟1
病床数 50床
日勤体制 看護職5~6名 、看護補助者5~6名
夜勤体制 看護職2名
看護基準 13 : 1
看護体制 チームナーシング

F4病棟

回復期病棟は日常生活もリハビリのひとつとして考え多職種が協働して一人でも多くの患者さんが在宅復帰できるように努めています。F4病棟では特に看護師・セラピスト・栄養科と協力し、リハビリと栄養との関係を見直し運動をするだけでなく様々な視点からリハビリができるよう支援しています。

MORECLOSE
対応する診療科 回復期リハビリ病棟3
病床数 50床
日勤体制 看護職4~5名 、看護補助者3~4名
夜勤体制 看護職1名 、看護補助者2名
看護基準 15 : 1
看護体制 チームナーシング

地域包括ケア病棟

D2病棟

急性期での治療を終え、在宅復帰に向けた看護や介護サービスの調整が必要な患者さんの受け入れと急性期治療の必要な内科疾患の患者さんの受け入れに対応し、幅広い患者さんの看護を行っています。リハビリや栄養指導、医療ソーシャルワーカーやケアマネジャーといった多職種で連携をとりながら活動しています。

MORECLOSE
対応する診療科 地域包括ケア病棟入院料2
病床数 30床
日勤体制 看護職5~6名 、看護補助者3~5名
夜勤体制 看護職2名
看護基準 13 : 1
看護体制 チームナーシング

透析室

地域医療により貢献できるよう、通院・入院の両方の透析治療に対応しています。通院患者さんでご希望の方には、当院の栄養科による栄養満点の透析食を格安にてご提供しており、さらに通院費用の負担を軽減できるよう送迎車での送り迎えも行っています。通院困難な透析患者さんには入院による透析療法を継続しながら、他科と連携し適切な食事療法や理学療法のもと、合併症の治療やリハビリテーションに専念できるようにしています。

MORECLOSE
病床数 8床

外来

看護師は一般外来・救急外来・手術室・カテ室・内視鏡センター・予防医療センターをローテーションし、各科で医師・コメディカル・ドクターアシスタント等多職種が協働して外来部門の治療サポートを行っています。

MORECLOSE
対応する診療科 内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科、ペインクリニック内科、神経内科、リウマチ科、外科、消化器外科、脳神経外科、呼吸器外科、乳腺外科、整形外科、泌尿器科、形成外科、皮膚科、眼科、放射線科、麻酔科(日本麻酔学会認定指導医、専門医)、リハビリテーション科、病理診断科
日勤体制 (外来) 看護職10名 、看護補助者5名
日勤体制 (手術室) 看護職 5~6名 、看護補助者4名
看護基準 30 : 1