Nurse Practitioner 診療看護師(NP)の紹介

診療看護師
(NP:Nurse Practitioner)
とは

一般社団法人日本NP教育大学院協議会(以下、NP教育大学院協議会)が認めるNP教育課程を修了し、NP資格認定試験に合格したもので、保健師助産師看護師法が定める特定行為を実施することができる看護師です。

診療看護師(NP)の役割

診療看護師(NP)ってどんなことをしてくれる人?

患者の「症状マネジメント」を自律的にタイムリーに実施します。

診療看護師(NP)の役割は、保健師助産師看護師法に定められた看護師の業務(療養上の世話、診療の補助行為)を自律的に遂行し、患者の「症状マネジメント」を効果的、効率的、タイムリーに実施することです。看護師は、診療の補助行為については、「医師の指示」(特定行為については「手順書※1」)に基づいて行うこととされています。

※1 手順書とは
医師が看護師に診療の補助を行わせるために、その指示として作成する文書であって、「看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲」、「診療の補助の内容」等が定められているものです。

甲賀病院外観

診療の補助・特定行為

具体的にはどんなことができるの?

診療の補助行為として特定行為を行い、自律的に患者管理ができます

特定行為とは・・・
診療の補助であり、厚生労働省により要件を定められた研修を修了した看護師が、手順書に基づいて包括的に実施することができる21区分38行為のことです。特定行為の実施には実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が必要とされます。

甲賀病院外観

特定行為について

経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整から、抗癌剤その他の薬剤が血管外に漏出したときのステロイド薬の局所注射及び投与量の調整まで多岐にわたります。

MORECLOSE
呼吸器
(気道確保に係るもの)関連
経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整
呼吸器
(人工呼吸療法に係るもの)関連
侵襲的陽圧換気の設定の変更
非侵襲的陽圧換気の設定の変更
人工呼吸管理がなされている者に対する鎮静薬の投与量の調整
人工呼吸器からの離脱
呼吸器
(長期呼吸療法に係るもの)関連
気管カニューレの交換
循環器関連 一時的ペースメーカの操作及び管理
一時的ペースメーカリードの抜去
経皮的心肺補助装置の操作及び管理
大動脈内バルーンパンピングからの離脱を行うときの補助の頻度の調整
心嚢ドレーン管理関連 心嚢ドレーンの抜去
胸腔ドレーン管理関連 低圧胸腔内持続吸引器の吸引圧の設定及びその変更
胸腔ドレーンの抜去
腹腔ドレーン管理関連 腹腔ドレーンの抜去(腹腔内に留置された穿刺針の抜針を含む。)
ろう孔管理関連 胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換
膀胱ろうカテーテルの交換
栄養に係るカテーテル管理
(中心静脈カテーテル管理)関連
中心静脈カテーテルの抜去
栄養に係るカテーテル管理
(末梢留置型中心静脈注射用
カテーテル管理)関連
末梢留置型中心静脈注射用カテーテルの挿入
創傷管理関連 褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去
創傷に対する陰圧閉鎖療法
創部ドレーン管理関連 創部ドレーンの抜去
動脈血液ガス分析関連 直接動脈穿刺法による採血
橈骨動脈ラインの確保
透析管理関連 急性血液浄化療法における血液透析器又は血液透析濾過器の操作及び管理
栄養及び水分管理に係る
薬剤投与関連
持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
脱水症状に対する輸液による補正
感染に係る薬剤投与関連 感染徴候がある者に対する薬剤の臨時の投与
血糖コントロールに係る
薬剤投与関連
インスリンの投与量の調整
術後疼痛管理関連 硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与及び投与量の調整
循環動態に係る
薬剤投与関連
持続点滴中のカテコラミンの投与量の調整
持続点滴中のナトリウム、カリウム又はクロールの投与量の調整
持続点滴中の降圧剤の投与量の調整
持続点滴中の糖質輸液又は電解質輸液の投与量の調整
持続点滴中の利尿剤の投与量の調整
精神及び神経症状に係る
薬剤投与関連
抗けいれん剤の臨時の投与
抗精神病薬の臨時の投与
抗不安薬の臨時の投与
皮膚損傷に係る
薬剤投与関連
抗癌剤その他の薬剤が血管外に漏出したときのステロイド薬の局所注射及び投与量の調整

日常の業務

診療看護師(NP)の1日
~タイムスケジュール~

8:30- 担当患者の病状把握と回診、
当日の手術予定や外来化学療法患者の把握

担当患者さんの昨日からの病状把握を行います。
電子カルテを参照し、検査結果や身体診察から病状を把握し、必要な検査や治療計画を立てます。
指導医とのディスカッションや外科回診に備えます。
また、当日の手術予定や術式を再度確認し、採血結果や画像などの検査所見を見返し手術助手として加わる準備の他、外来化学療法室で抗がん剤治療を行う患者の治療スケジュールや予測される副作用などを把握しておきます。

9:00- 外科回診、指導医とディスカッション

外科医と診療看護師(NP)、病棟のリーダー看護師で外科患者さん全員の回診を行います。回診後、指導医とディスカッションを行い、担当患者さんの病状や治療について話し合います。
指導医とディスカッション後、新たな治療や治療計画の変更、検査の追加などが生じた場合は、必要に応じ代行入力を行います。

10:00- 手術助手、検査や処置、外来化学療法患者の管理

手術がある時は助手として積極的に参加します。
手術がない時は、検査や処置を手伝います。動脈血液ガスを測定するため動脈穿刺による採血や気管カニューレ交換などの特定行為を行ったり、抗がん剤の点滴投与を行う患者の静脈ラインを確保したりします。また、外来で抗がん剤治療を行っている患者の症状マネジメントも積極的に行います。

15:30- 外科カンファレンス

毎週月曜日に医師、診療看護師(NP)、病棟看護師、手術室看護師、臨床検査技師、臨床工学技士など多職種によるカンファレンスを行います。
1週間の手術予定や手術患者の術式、術後の患者管理などを話し合い共有します。

16:30- 夕回診

指導医とともに担当患者さんの回診を行います。その日に行った治療や日中の病状を把握し、明日の治療や計画を話し合います。また、次の日に助手として参加する手術や術式を確認し、予習をしておきます。

今後の展望

診療看護師(NP)の現状

診療看護師(NP)は、看護師の資格を持ち、看護に基盤を置きながら大学院で医学教育を学び、臨床の場で診療を行う新たな職種です。
今はまだ、法制化はされておらず、資格を取得しているものは全国に400人程度(2019年時点)と少なく、認知度も低い状況です。しかし、日本看護協会では、「看護の将来ビジョン」(2015年6月)において、「ナースプラクティショナー(仮称)制度の構築」の推進を掲げており、今後に期待がもてると言えます。
ただ、現状では労働環境が整備されているわけではなく、ましてや診療看護師(NP)の役割や活動が明確化されているわけではないため、私自身、自問自答し、試行錯誤を繰り返しながら役割や活動を明確化できるよう日々頑張っている状況です。

資格取得を志した動機

私は診療看護師(NP)の資格を取得する前は、がん看護専門看護師として、日々がん患者さんと向き合い、ケアに携わってきました。その中で、患者さんが“がん”と診断された時から亡くなるまでの間、症状マネジメントを中心に関わってきました。そんな中で、さまざまな葛藤やジレンマがあり、もっと自分にできることがあるのではないかと考え、診療看護師(NP)の資格取得に至りました。

今後の展望

現在は診療看護部として独立し、外科を中心に活動を行い、臨床で多くのことを学ばせて頂いています。今後は離島、へき地医療での活動に興味があり、先を見据えながら医師の先生方の指導を仰ぎ、日々奮闘中です。医師不足で困っているがん患者さんの力に少しでもなれるよう、看護のこころ「ケア」と医学的知識に基づく特定行為を含む治療「キュア」の2つの総合力でこれからの医療を担っていきたいと考えています。

コミュニティーホスピタル 甲賀病院
診療看護師(NP)
がん看護専門看護師(CNS)
中澤 健二Kenji Nakazawa